メインコンテンツに移動

役員一覧

Shapoor Pallonji Mistry

Shapoor Pallonji Mistry

会長

Shapoor Pallonji Mistry氏は、建設、不動産、インフラ、水、石油、ガス、再生可能エネルギーに事業利益を生み出す153年も続くの多様なビジネスコングロマリットであるShapoorji Pallonjiグループの会長です。グループは40か国以上に存在しています。Shapoor Mistry氏は、ロンドンのRichmond Collegeで経営学と経済学の学位を取得しています。

グループの旗艦会社であるShapoorji Pallonji Engineering & Constructionは、建設、設計、建設、EPCに特化しており、インドやいくつかの海外の国の建築および産業に存在する、最も象徴的な建物や構造の背後にある名前です。

Shapoor Mistry氏は、1992年にグループの不動産事業への再参入を指揮し、10年余りで、1億平方フィート以上の開発可能な不動産スペースを持つ多都市型の多様な資産クラス事業へと変化させました。不動産ビジネスによって開発された最も恒久なプレミアム住宅用不動産には、インペリアルタワーが含まれており、権威あるアジア太平洋不動産賞でいくつかの賞を受賞しています。不動産事業は、カナダ年金制度投資委員会(CPPIB)、国際金融公社(IFC)、アジア開発銀行(ADB)、HDFCなどの名門グループとの合弁事業を始めています。

新興の技術動向に注目しながら、Shapoorji Pallonji Groupを、多様化したコングロマリットに変えるというビジョンに基づき、グループは2000年にAfcons Infrastructure Ltdを買収しました。Afconsはグループのインフラストラクチャーアームであり、海運、鉄道、石油およびガス、水上輸送および水力および地下分野で困難なプロジェクトをいくつも実行してきました。

2001年には、Shapoor Mistry氏がForbes-Gokak事業の買収に積極的に関与しました。Forbes & CLおよびEureka Forbesの会長として、彼はグループが消費者レベルにおける水処理やホームクリーニング、セキュリティシステム、出荷と物流、銀行取引管理の分野で、新たな高みまで拡張していく支援をしてきました。

直近ではShapoor Mistry氏リーダーシップの下、グループはBumi Armadaとの合弁事業を開始することにより、石油およびガスサービスにも範囲を広げています。JVは現在、インド沖のD1およびC7ブロックにある2つのFPSOを所有および運用しています。

Shapoor Mistry氏は著名な慈善家でもあり、医療に関係する多くの慈善団体(マシナ病院、ダディセットチャリティートラスト、マネックジーカウジージープチチャリティトラストの受託者)と教育(英国Edinburgh’s Awards World Fellowshipのメンバー)にも関与しています。

AFCONS Infrastructure, Mumbai
K Subramanian

K Subramanian

執行副会長

K Subramanian氏は、現在、副会長であり、Afcons Infrastructure Ltdでは代表取締役として15年以上の経験があります。彼のリーダーシップのもと、同社は好転し、最も複雑で挑戦的なインフラストラクチャプロジェクトを予定よりも早く提供することを求める市場を切り開き、過去10年間で会社の売上高はCAGRにおいて20%以上の成長を遂げました。

彼は、契約、運用、戦略などのにまたがるインフラストラクチャ部門において35年もの経験があります。彼は、米国の紛争審査委員会財団におけるインドの唯一の代表であり、世界中で代替紛争解決を推進しています。PMOや中央およびさまざまな州の省庁と緊密に連携して、契約条件、文書化などの標準化における業界団体の取り組みを主導しています。

S Paramasivan

S Paramasivan

取締役社長

S Paramasivan氏は、Afcons Infrastructure Limitedの取締役です。

彼はAfcons Infrastructureとそのすべての子会社や協力会社の損益の責任を担っています。彼は2002年から当社に関わり始め、それ以来、当社の取締役会の常勤取締役を務めています。

彼は、本業務以外にも、35年以上の金融、商業および管理、事業開発などの部門など幅広い豊富な経験を持っています。

ボンベイ商工会議所の銀行および財務委員会メンバーであり、その中核グループに属していました。現在は、CIIの税務委員会のメンバーであり、FICCIのインフラストラクチャー委員会のメンバーです。
 
 

Giridhar Rajagopalan

Giridhar Rajagopalan

副専務理事

Giridhar Rajagopalan氏は、1979年にムンバイのSardar Patel College of Engineeringで土木工学の学位を得て卒業しました。 それ以来、彼は40年の豊富な経験を持ち、Afcons Infrastructure Ltd、Peninsula Land Ltd(Ashok Piramal Group Enterprise)、V Karma Capital(DLF所有)などの企業でリーダー的地位にいます。

AfconsでGiridhar氏は、設計、品質、安全、技術トレーニング、知識管理などのさまざまなコアサービス部門を率いています。彼の役割は、最先端の建設方法と技術についてビジネス分野に助言し、プロジェクトの継続的な改善を促進するために結成されたCMEG(コアメソッドおよびエンジニアリンググループ)の一部を担当することです。

また、組織で実施されているさまざまな戦略的計画と変更のイニシアチブにも貢献しており、組織をチャンピオンEPCプレーヤーに変革させる上で重要な役割を果たしています。彼の指導の下で、包括的なGTEトレーニングプログラム(CLIMB UP)とドメインエキスパートの開発が開始されました。また、Institute of Lean Construction Excellence(ILCE)の理事会のメンバーでもあり、長年にわたりいくつかのプロジェクトでリーン建設の実施を成功させてきました。

彼の貢献の下で、Afconsは2016年と2017年にグローバル、アジア太平洋およびインドにおける、権威あるMAKE賞(IOUカテゴリー)を獲得した最初のインドのインフラストラクチャー企業になりました。 Afconsは、グローバル、アジア、およびインドで、2018年上期のMIKE Awardの受賞者に選ばれました。

Akhil Kumar Gupta

Akhil Kumar Gupta

専務理事(業務)

Akhil Kumar Gupta氏は工学学士です。(IIT、Roorkee)およびM. Tech(Management & Systems)、デリーIIT出身です。 彼はPetron Civil Engineering Pvtなどの企業で36年以上の経験があります。Ltd、Punj Lloyd Ltd、およびIrcon International Ltdは、企業経営および事業開発の分野ならびに大規模なインフラストラクチャーおよび産業プロジェクトにおいて成功を収めています。

2014年1月以来、Afcons Infrastructure Ltdの専務理事(業務)として、地表輸送(道路、鉄道、橋)での業務を担当し、多くの海外地域でいくつかの大規模なインフラプロジェクトを担当しました。 会社売上高の40%以上がAkhil Kumar Gupta氏のビジネスユニットによるものです。

また、優れた専門性に対して、表彰されています。 国内および国際会議で建設管理に関する論文を発表しました。 

Afcons Infrastructure

Pradip Narotam Kapadia

代表取締役

インド国籍を持つPradip N Kapadia氏は、Afconsの代表取締役です。法廷弁護士およびおよび事務弁護士です。

Mr Kapadia氏は、University of Bombayの卒業生であり、B.A およびLL.Bを取得して卒業しました。 1974年に法廷弁護士としての資格を取得し、その後1976年にボンベイの高等裁判所の事務弁護士として資格を取得しました。

Kapadia氏は現在、ムンバイのVigil Jurisの法律事務所のシニアパートナーです。 彼は、様々な上場会社と非上場会社の非常勤取締役です。 彼はまた、IMC、商工会議所の法律委員会のメンバーでもあります。
 

N D Khurody

N D Khurody

代表取締役

インド国籍を持つND Khurody氏は、Afconsの代表取締役です。

ケンブリッジのトリニティカレッジで経済学(優等学位)を取得した後、2001年10月に定年退職するまで、タタ行政幹部(TAS)の役員として、タタグループのVoltas Ltd.のマネージングディレクターとしてのキャリアを築きました。

R M Premkumar

R M Premkumar

代表取締役

インド国籍を持つRM Premkumar氏は、Afconsの代表取締役です。MA; BL; IAS です。マハラシュトラ州政府で重要な役職を務めました。最高経営責任者 – ジラ・パリサッド、アーメドナガル、管理者–ジラ・パリサッド、ナシク、コレクター–コールハプール、機能調整部門長 – マハラシュトラ、最高経営責任者 – MIDC、マネージングディレクター–マハラシュトラ州共同銀行

また、ムンバイのサンタクルス電子輸出加工区(SEEPZ)の開発委員としてインド政府で重要なポストを務めました。さらに、ムンバイのヒンドゥスタン・ダイヤモンド・カンパニー・リミテッドの会長兼マネージング・ディレクターのポストも長く務めました。

彼はムンバイの原子力省のインド政府の副長官も務めました。 ニューデリー、カーストと指定部族の国家委員会のインド政府の代表秘書、ニューデリーのFood Corporation India会長。 事務局長 – マハラシュトラ州政府。 

Pallon S Mistry

Pallon S Mistry

代表取締役

Pallon S Mistry氏は、エンジニアリングおよび建設、インフラストラクチャー、不動産、水分野、エネルギー、金融サービスにおいて世界的に大きな存在感を示す多様な複合企業であるShapoorji Pallonji And Company Pvt Limited(SPCPL)の取締役です。

ロンドンのImperial Collegeで戦略管理の修士号を取得しており、最先端のテクノロジーにも積極的に取り組みます。
 
彼は持続可能な成長を目指すアジャイルな組織の構築を目標としています。Pallonはグループ共通の価値観である、誠実さ、信頼、寛容さ、勤勉さを引き継いでいます。

彼はビジネスの成功が信頼と協力の上に成り立っていると信じています。バランスの取れたアプローチと強力なビジネス志向により、彼はグループ会社全体の取締役会に貴重な情報を提供しています。

Umesh N Khanna

Umesh N Khanna

代表取締役

Umesh Narain Khanna氏は、Shapoorji Pallonji Group Centreの調整グループ長です。 2012年2月にSPグループに入社しました。Khanna氏は、SPグループ全体のイニシアチブを推進し、SPグループ企業間の相乗効果を促進し、技術、事業開発、 市場拡大、商業や契約管理、戦略的提携、および行政と中央政府の政策および意思決定者とのネットワーク関係を含む外部関係者の管理の調整を担当しています。

Khanna氏は、 Agra Universityの電気技術者であり、IIT Roorkeeでシステム工学および運用研究の修士号を取得しました。また、英国のUniversity of Hullでマーケティングを専門とするMBAを取得しています。Khanna氏は、ビジネスと市場の立ち上げと拡大、ビジネスポリシーの立案、および電力・非電力産業の国際マーケティングと契約管理に関して、30年以上の経験を持っています。

彼はBHELに27年間勤務しています。エンジニアとしてスタートし、国際事業を担当するインドネシアのジャカルタに拠点を置くリージョナルマネージャーおよびAGMの役職に昇進しました。SPに入社する前は、NTPC LtdとBharat Forge Ltdの合弁会社であるBharat Forge NTPC Energy Systems LtdのCEO、取締役を務めていました。

Roshen Minocher Nentin

Roshen Minocher Nentin

代表取締役

Roshen Minocher Nentin氏は、Podar College of Commerce and Economicsを卒業し、インド公認会計士協会のフェローメンバーです。

1978年にShapoorji Pallonji Groupに入社し、グループの旗艦会社であるShapoorji Pallonji and Company Ltd、現在のShapoorji Pallonji And Company Pvt Ltdにて、企業秘書を37年間(1978年5月から2015年5月まで)勤めました。 

現在、彼女はShapoorji Pallonji Groupの複数の会社の取締役会の代表取締役を務めています。 
 

AfconsはCOVID-19と戦います